• Total page views: 22,463

本のお話

我が家には、私が「プチ図書館」と呼んでいる部屋がある。私に読まれる順番を待っている本が本当に沢山おいてあるの。本棚には収まりきらないので、床にも沢山。

たまに整理をしたり、「あ、あの本どこにいったけ?」と探したりする時に「あ、こんなのもあった、あ、これ面白そう」と幸せな気持ちになる。

なぜ買いためるんだ?読む度に買えばいいじゃないか?と思う方もいらっしゃるでしょう。でもね、本は出会いなのですよ。どこの本屋さんにも置いてあるようなベストセラーなら別だけれど、たまたまみつけた本だと、もう2度と出会えないこともある(タイトル忘れちゃうからさ)

それに最近は本が売れない時代なので、あっという間に廃刊になってしまったりする。だから、見つけたら、出会ったら即買っておかないといけないの。

そんなことだから、読むまでに時間がかかってしまい、単行本が文庫本として発売されてしまうこともしばしば。買ったことを忘れてまた同じ本をまた買ってしまうこともある。

写真の本。めちゃくちゃ面白いのです。単行本で読んでいたのですが、今朝、違う本を探しにいったプチ図書館で、文庫本も買っていたのを発見して悲鳴をあげた。

「面白そう」と思う感覚は私自身のものなので、めつけると欲しくなるのだね。

最近、記憶力がダメになってきているので、プチ図書館で、よく同じ本をみつけるようになってきました。ヤバい(汗)まるで、トランプじゃなく本で「神経衰弱」できそうです。

で、結局、今朝探した本は結局どこにもなかった。絶対買ったと思ったのに、記憶違いで買っていなかったようです。有名な作家さんの本なので、いつでも買えると思って買っていなかったらしい。

なんだかな…オレ。