• Total page views: 36,322

ありがたいお気持ち

おぼっちゃまがお世話になっていた病院は全部で4つ。メインの病院と健康管理の病院にはご挨拶はすんでいたのだけれど、眼科と、トリミングの病院にはまだご挨拶できずにいた。

トリミングでお世話になっていた病院には明日ご挨拶に行くことにして、持って行くお礼のお菓子を買いに新宿へ。なぜか、ふなわのあんこ玉と眼があってしいまい(てへ)、自分のおやつ用に購入。

眼科には午後電話をした。担当の院長先生を始め、スタッフの皆さんに本当に大切に扱っていただいた。ご挨拶をすると、電話に出られた看護師さんが涙声に。私も涙がでた。

そして今日、ポストに届いていたカード。同じ事務所の大先輩ご夫婦からだった。

今年は年賀状をどうしても出す気になれず、犬の足跡のついたはがきで喪中のようなご挨拶を送らせていただいたのだけれど、犬の足跡でお察しくださり、とても心のこもった優しいお言葉をいただいた。

はがきの意味に気が付いた方々からも同じようにお葉書をいただいている。

こういうのが、本当に泣ける。人の優しさに泣ける。普通に暮らせるようになってきていても、やっぱりまだダメなんだな、と実感する。皆さんの温かい心をいただき、本当に感謝です。